>

頭の切り替えが大切!日本語の表現から離れるコツ

日本語表現を超えた柔軟な表現を得るサイト

英会話や、英文翻訳で気を付けたい点

英会話で何より気を付けたい事

まず、日本語には「主語」を必ず置かなければいけないというルールがありません。
英語では主語を省略してしまうと「一体誰に何を言っているんだ」という混乱を生んでしまうのですが、日本語の会話や文脈においてはこの「主語」がよく省略されてしまいます。
また、これは会話や文章問わずですが「貴殿」や「あなた」や「お前」、一人称でも「俺」「私」「わし」「ぼく」などなど、話者の状況や年齢で変化していきますので、英語の「I」に慣れ親しんだ話者は混乱してしまうことが珍しくありません。
そのため、まずは最優先として「主語が誰なのか」をハッキリさせて会話をしましょう。
そうすることで、日本語と英語の会話での、意味の取り違えを防ぐ事ができます。

英文翻訳での日本語表現との違いなど

また、英会話だけでなく、日本語の表現と英語の表現の違いにおいて、特に苦労するのは「日本語には比喩が多く、そしてその意味が通じづらい」という日本語の特徴が表れやすい点です。
これは日本語の文章を英語に翻訳する時の苦労で特によく現れてきます。
例えば「桜田門」という表現が出てきたら、英文だったらそのまま地名の「桜田門」ですが、これが実は日本文を書いた人は「警視庁」の比喩で書いた、などということがよくあります。
そして「バッとやって」とか「サササッとやって」などという「擬音」表現が日本語には非常に多く、これが文章で書かれていたりすると、英文訳ではそれを「的確かつ具体的な表現」に直さなければならず、余計に手間を掛けてしまいます。
そのため、英文に訳されることが前提の日本語の文章においては「余り比喩や擬音を多用せず、直接的に伝わりやすい表現を心掛ける」という点を気をつけておくのがポイントです。


このコラムをシェアする