>

頭の切り替えが大切!日本語の表現から離れるコツ

日本語表現を超えた柔軟な表現を得るサイト

日本語の特徴に拘りすぎず、自由な表現を目指す方法

日本語での表現の特徴とは

まず、日本語とは世界においてどのような位置にあるのでしょうか。
日本語を母語とする人の数は世界で約1億2500万人存在すると言われています。
母語人口としては世界で9番目に位置する言語です。
発音面ですが、他の言語(例えば英語やフランス語)に比べて、母音の数が5つと少な目で、発音がしやすいという特徴があります。
また、英語などはイントネーションの違いで言葉の意味自体が変わってしまうものが少なくないですが、日本語は違っていてもほとんど同じ意味で通じます。
つまり、言語を学ぶ上では「読み書き」ができるかどうかがポイントとなるわけですが、そのなかでも話す事、発音自体に関してはそこまで難しいと言うわけではないと言えます。

どのようなデメリットがあるのか

では、日本語という言語の表現に置いて、デメリットと言えてしまう部分はどこにあるのでしょうか。
それは、先ほど「読み書き」と表現した部分です。
英語は「アルファベット」と「数字」で表現しますし、それしかありません。
しかし日本語は「ひらがな」「カタカナ」「漢字」の三種類で表現され、しかもそれが状況や文脈によって組み合わせが多種多様に変化するため、読み書きの習得が非常に難しいと言える言語なのです。
特に外国の方が日本語を習得するにあたって苦労するのが「常用漢字」の存在で、二千字も存在する常用漢字の習得が一番大変だと言う方が多いです。
また、文法も「世界的言語」と言える英語とは大きく異なる体系のため、その点でも習得に苦労する人は多いようですね。


このコラムをシェアする